蜷川実花が24時間テレビ2016のチャリTシャツをデザイン

蜷川実花がチャリTシャツをデザイン

6月10日の『ZIP!』で2016年の24時間テレビで着用されるチャリTシャツが公開されました。

24時間テレビ2016のチャリTシャツをデザインしたのは、写真家で映画監督の蜷川実花さん。

蜷川実花さんがデザインしたチャリTシャツは、初となる写真をプリントしたデザインとなりました。

今回は、蜷川実花さんがデザインした2016年度24時間テレビのチャリTシャツについて、調べてみました!

Sponsored Links

2016年の24時間テレビのテーマは『愛』。

蜷川実花さんがデザインしたチャリTシャツは、爽快な青空と鮮やかな花畑の中で蝶が舞う写真がプリントされたものとなりました。

 

 

写真の端にある白い部分は隠れ文字で、2016年24時間テレビのテーマである『LOVE(愛)』が隠れています。

 

2015年5月に第二子を出産し、2016年5月に父である蜷川幸雄さんを亡くされた蜷川実花さん。

新しい生命の始まりと生命の終わりが重なるタイミングでチャリTシャツのデザインを制作していたところ、“生命体”を感じられるイメージにしたかったと語っています。

 

蜷川幸雄さんの背中を見て育ったと語る蜷川実花さん。

父が仕事に熱を入れる姿や、真剣に生きる姿を見て学び、『魅力的な人間であるべき』ということを信念にされているとのこと。

そのような想いが、蜷川実花さんが手掛けたチャリTシャツのデザインに表れているのでしょう。

 

2016年のチャリTシャツは、白、黄色、ピンク、水色の4色となっており、6月11日より日テレ屋、全国のイオングループ店舗で販売されます。

Sponsored Links

蜷川実花デザインのチャリTシャツの売上枚数は?

24時間テレビのチャリTシャツで注目されることと言えば、デザインした人と売上枚数。

蜷川実花さんがデザインしたチャリTシャツの売上枚数は、どれぐらいになるのか予想してみたいと思います。

まずは、歴代チャリTシャツの売上枚数を見てみましょう。

 

▼ 24時間テレビ チャリTシャツの歴代売上

放送年 デザイン 売上枚数
2007年 NIGO 約44万枚
2008年 村上隆 約46万枚
2009年 ピクサー 約41万枚
2010年 スタジオジブリ 約38万枚
2011年 森本千絵 約29万枚
2012年 奈良美智 ✕ 大野智 約76万枚
2013年 草間彌生 ✕ 大野智 約124万枚
2014年 天野喜孝 約44万枚
2015年 V6 Hey! Say! JUMP

 

過去最高の売上となったのは、草間彌生さんと大野智さんのコラボでデザインされた2013年のチャリTシャツ。

その他歴代チャリTシャツの売上を見てみると、30~40万枚の売上が平均のようです。

ジャニーズがデザインしたチャリTシャツの売上が少し多い傾向にあるようですが、熊本地震の復興支援のため、チャリTシャツを購入される方も増えると予想されます。

 

これらの傾向から考えると、蜷川実花さんデザインのチャリTシャツ売上は、約45万枚となるのではないでしょうか。

今後は通販サイトでも、蜷川実花デザインチャリTシャツが販売されるかと思いますので、気になる方はチェックしてみて下さいね!

 

蜷川実花のチャリTシャツに関するまとめ

2016年の24時間テレビでは、メインパーソナリティーを務めるNEWSと波留さんが蜷川実花さんのチャリTシャツを着て放送されることとなります。

2016年の24時間テレビ放送日は8月27日(土)~28日(日)となりますので、お見逃しなく!

Sponsored Links

このページの先頭へ