ナナとミーナが6年も絶縁!新メンバーアキの脱退はイジメが原因?

ナナとミーナが絶縁

6月27日放送の『しくじり先生』にMAXが出演し、ナナ(NANA)とミーナ(MINA)が6年間絶縁していたことを告白します。

また、ミーナさんが一時脱退した時に加入したアキ(前田亜紀)が加入しましたが、新メンバーへのイジメも告白するようで、アキの脱退はMAXメンバーによるイジメが原因ではないかと噂されています。

今回は、ナナとミーナが6年間絶縁していた理由と、新メンバー・アキのMAX脱退理由がイジメなのかについて調べてみました!

Sponsored Links

ナナ(NANA)とミーナ(MINA)が6年も絶縁?

仲良しグループのイメージが強いMAXですが、ナナ(NANA)とミーナ(MINA)が6年も絶縁していたとは驚きですよね。

ナナとミーナが6年も絶縁していた理由は、ミーナの“できちゃった婚”にあるようです。

 

ミーナは2002年1月に妊娠したことを明らかにし、同年3月にMAXを産休という形で脱退。

MAX全員が歌う曲も多いですが、ボーカルはミーナとレイナ、ダンサーはナナとリナとなることもあり、ボーカルを務めるミーナが妊娠したとなると、MAXが解散の危険にあるということですね。

 

MAXは沖縄アクターズスクール出身のナナ(NANA)、ミーナ(MINA)、リナ(LINA)、レイナ(REINA)の4人で1995年にデビュー。

スーパーモンキーズ時代も含め苦楽を共にしてきたメンバーですから、

「ずっと4人で活動していこう!」

という結束力も強いものかと思います。

 

ミーナの旦那はコンサートスタッフの井上信一さんという方で、出会いはMAXの初コンサートだったとのこと。

1997年から交際を始め、MAXのメンバー公認の関係となったようです。

 

当時のMAXは売れっ子グループでしたし、ナナを始めミーナの交際を認めるMAXメンバー内でも、

「大事な時期に、結婚とか妊娠はNGね」

というルールが設けられていたことでしょう。

 

“できちゃった婚”という意図しない形であったとしても、妊娠を予防することが出来たミーナに対して、ナナは裏切り行為と感じ、絶縁状態になってしまったということですね。

女性は同性への評価が厳しく、小さな約束でも守られなければ評価を下げがちで、ネガティブな情報に敏感であるという研究結果もありますし、嫉妬のような感情もあったのかもしれません。

 

ミーナのできちゃった婚がキッカケとなり、ナナとミーナは2002~2008年の6年間一言も口を交わさない絶縁状態となります。

 

しかし、2008年にナナがミーナに連絡し、リナとの関係修復も含めMAXへの復帰をミーナに相談。

新メンバーとして加入したアキ(Aki)が脱退する形で、2008年にミーナはMAXに復帰することとなります。

Sponsored Links

新メンバー・アキ(Aki)の脱退はイジメが原因?

新メンバー・アキの脱退はイジメが原因

ナナとミーナが絶縁し、ミーナが脱退していた6年間、新メンバーとしてMAXに加入したアキ(Aki)。

2008年にアキは「シンガソングライターを目指すため」という理由でMAXを脱退していますが、イジメが原因ではないかと噂されています。

 

最年長のナナとは4歳離れた最年少メンバーということだけではなく、学生時代から活動してきたナナ、リナ、レイナとは異なり、アキは1人違うところからMAXに加入することとなりました。

また、ミーナが脱退した2002年にはMAXの人気に陰りが出始め、ずっとMAXを支え続けてきたファンにとっても新メンバーのアキを受け入れることは難しかったようです。

 

そんな中、ナナやリナは新メンバーのアキをイジっているつもりで接していたようですが、やはり途中から単身で加入したアキがひとりぼっちに見えてしまうことも多いようで、それが周囲にはイジメとして見えていたとのこと。

 

MAXはアキへのイジメ問題をもちろん否定していますので、イジメはなかったのでしょう。

アキは“ミーナの脱退”という余韻が残ったMAXの中に加入し、ファンからバッシングを受けることも少なくなかったようですので、精神的な辛さからアキはMAXを脱退したのではないかとされています。

 

女性同士の友情やドロドロした関係とは、やはり怖いと感じてしまいますね…。

 

ナナとミーナの絶縁に関するまとめ

ミーナのできちゃった婚によってナナとミーナは絶縁状態となりますが、何はともあれ現在はMAXメンバーが仲直りして安心しました!

現在はレイナが産休中のため、ナナ、ミーナ、リナの3人で活動するMAXですが、また4人に復活したMAXが見れることに期待しましょう!

Sponsored Links

このページの先頭へ