木下ほうかの吉本同期は?吉本新喜劇やダウンタウンの前説も!

木下ほうかは吉本新喜劇出身

7月1日放送の『ダウンタウンなう』に木下ほうかさんが出演し、吉本に所属していた時代や吉本新喜劇に出演していた際について語ってくれるようです。

木下ほうかさんが吉本に所属していたことに驚きますが、過去にダウンタウンのガキ使で前説をしていたこともあるようです。

「木下ほうかの吉本同期は誰?」

「木下ほうかは吉本新喜劇出身?」

など、木下ほうかさんの吉本同期や新喜劇時代について調べてみました!

Sponsored Links

木下ほうかは吉本新喜劇出身?

スカッとジャパンのイヤミ課長で注目され、数々のドラマにも出演する木下ほうかさん。

俳優としてのイメージが強い木下ほうかさんですが、実は吉本新喜劇出身なのです!

 

▼ 木下ほうかさんのプロフィール

  • 名前: 木下ほうか
  • 生年月日: 1964年1月24日
  • 出身地: 大阪府大東市
  • 出身高校: 大阪府立野崎高等学校
  • 出身大学: 大阪芸術大学 舞台芸術学科卒業。
  • 所属事務所: 吉本興業 ⇒ マツ・カンパニー ⇒ キャストパワー

 

木下ほうかさんは俳優を目指して、大阪芸術大学の舞台芸術学科を卒業。

大学卒業後の1986年に入ったのが吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)で、吉本新喜劇の座員として出演していました。

 

大阪出身の木下ほうかさんですから、物心がついた時から吉本新喜劇に触れてきたことでしょう。

イヤミ課長やオネエキャラなどがハマり役の木下ほうかさんですが、特色ある演技力は吉本新喜劇で培われたものかと思います。

 

木下ほうかさんが吉本新喜劇に所属していた1980年代は漫才ブーム。

ツービートや紳助・竜介などの漫才師がアイドルのような人気を博す一方、吉本新喜劇からは若者層が離れていくようになり、陰りが出始めていた時代です。

 

吉本新喜劇の陰りもあって、木下ほうかさんは3年で吉本興業を辞めることとなります。

当時吉本の人気芸人である島田紳助さんが、

「(俳優で成功するなら)東京来な話ならん。」

と木下ほうかさんを東京に呼んだことがキッカケのようです。

Sponsored Links

木下ほうかの吉本同期は誰?

木下ほうかさんはNSCに入っておらず、大学卒業後、吉本新喜劇に入団していますが、NSC含め吉本の同期を見ていきたいと思います!

 

ダウンタウンの浜田雅功がMCを務める2015年6月放送の『プレバト』で、木下ほうかさんはダウンタウンの4期下にあたるとしています。

つまり、木下ほうかさんはNSC5期生と同期になるということですね。

 

NSC5期生の同期と言えば、吉本新喜劇で活躍する辻本茂雄さんがいます。

また、亀山房代、前田勝、ぜんじろうなども木下ほうかさんの同期にあたります。

 

同期以外に、木下ほうかさんの1つ上を見れば、今田耕司、板尾創路がおり、1つ下には月亭方正(山崎邦正)、2つ下には雨上がり決死隊の宮迫博之、蛍原徹などがいます。

今では吉本を代表する面々ですから、木下ほうかさんが吉本に所属していた頃のメンバーは豪華ですね!

 

木下ほうかは吉本時代にガキ使の前説も!

木下ほうかさんが吉本に所属していた時は、『ガキの使いあらへんで』(ガキ使)の前説をしていたこともあるそうで、ダウンタウンとの関わりも少なくないようです。

今ではブレイクした木下ほうかさんの下積み時代を見てみると、色々苦労されていたのですね…。

吉本新喜劇時代に若手であった木下ほうかさんがウケを取ろうとしたところ、先輩芸人に怒られてしまった経験もあるみたいですね。

俳優だけではなく、バラエティ番組でも活躍するタレント・木下ほうかさんに今後も注目していきたいと思います!

 

Sponsored Links

このページの先頭へ