井上ヨシマサの年収と印税が凄い!AKBの作曲で秋元康に怒られる?

AKBの作曲担当の井上ヨシマサ

7月9日放送の『有吉反省会』に、AKBデビュー時から作曲を手掛けて井上ヨシマサさんが出演されます。

井上ヨシマサさんのAKBグループへの作曲提供は最多で、井上ヨシマサさんの年収や印税が気になるところです。

今回は井上ヨシマサさんの年収や印税と、AKBの作曲で秋元康さんに怒られたエピソードを調べてみました!

Sponsored Links

井上ヨシマサの年収と印税は?

井上ヨシマサの印税と年収

井上ヨシマサさんは秋元康さんの依頼により、AKBデビュー時から作曲・編曲を担当されています。

AKBグループへの最多作曲提供者の井上ヨシマサさんですから、井上ヨシマサさんの年収や印税は凄いことになっているのではないでしょうか。

 

まずは、井上ヨシマサさんが作曲したことによる印税を見ていきましょう!

印税は大きく分けると、CDの売上枚数に応じて発生する「原盤印税」と、カラオケやゲームなどの楽曲使用料で発声する「著作権印税」の2つに分けられます。

 

原盤印税は、CD価格の6%を作詞作曲、出版社でそれぞれ50%ずつ分け合います。

残りの印税3%を作曲と作詞で分け合いますので、CD価格の1~1.5%が印税になります。

 

井上ヨシマサさんはAKBグループに60曲以上提供していますので、主な代表曲で印税を見てみましょう。

 

▼井上ヨシマサさんが作曲したAKB48の代表曲

  • 制服が邪魔をする(約2万枚)
  • 大声ダイヤモンド(約9万枚)
  • RIVER(約26万枚)
  • Beginner(約104万枚)
  • Everyday、カチューシャ(約160万枚)
  • 真夏のSounds good !(約182万枚)
  • ハロウィン・ナイト(約132万枚)

 

これだけでも井上ヨシマサさん作曲のCD売上枚数は約615万枚。

CD一枚をざっくり1,000円とし、低く見積もって印税1%だと考えると、

 

1,000円 ✕ 615万枚 ✕ 1% = 6,150万円!

 

その他作曲提供もありますので、原盤印税だけでも井上ヨシマサさんの印税は1億円を軽く超えるでしょう…。

 

また、先程の通り、著作権印税もあります。

AKBグループの曲は、カラオケやゲームなどでも使用されており、AKBのパチンコ台で2000億近い売上とされていますから、億単位の著作権印税があるものと思われます。

 

井上ヨシマサさんの印税から年収を考えてみると、億万長者であることは確実ではないでしょうか…。

やはり芸能界は夢があると言いますか、普通のサラリーマンの年収と比べてしまうと、とても想像できない年収額ですね。

Sponsored Links

井上ヨシマサがAKBの作曲で秋元康に怒られる?

7月9日放送の『有吉反省会』では、井上ヨシマサさんがAKBの作曲で秋元康さんに怒られまくったことを反省するようです。

「井上ヨシマサが秋元康に怒られる?」

とは、井上ヨシマサさんが秋元康さんに何かやらかしてしまったのでしょうか?

調べてみると、井上ヨシマサさんが作曲よりもGoogle+(ぐぐたす)が気になって、秋元康さんに作曲を急かされていたようですね。笑

 

Google+(ぐぐたす)での井上ヨシマサさんと秋元康さんのやり取りを見ていると、妥協を許さない秋元康さんが、作曲担当の井上ヨシマサさんにガンガン修正を依頼します。

 

▼ 秋元康さん

ヨシマサ、次の曲を書け!

まだまだ、曲が足りないぞ。

 

▼ 井上ヨシマサさん

あっ‼

やべぇ やすすに見つかった

みんな~仕事するから じゃあね~ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

出典:https://plus.google.com/

 

井上ヨシマサさんは天才と評価する秋元康さんですが、アメとムチが見ていて面白いです。笑

作曲の様子などもアップされていますので、作曲家志望の方にとってはためになることも多そうですね。

 

最終的には、秋元康さんから真夜中にダメ出しされるエピソードを歌にしてしまう井上ヨシマサさん。

 

 

一見おもしろエピソードのように思えますが、AKBというスーパーアイドルの誕生には、井上ヨシマサさんら裏方での仕事があってこそ成り立っているのですね!

 

井上ヨシマサに関するまとめ

有吉反省会に出演するあたり、このような動画まで作ってしまう井上ヨシマサさん。

今回井上ヨシマサさんがテレビ出演することで、まさかのブレイクとなってしまうのでしょうか!?

Sponsored Links

このページの先頭へ